効果多彩!ポリフェノールについて

ポリフェノール

最近CMやテレビなどで、「ポリフェノール」という言葉をよく耳にします。

脳梗塞や動脈硬化、高血圧などの病気を予防する効果に注目があつまっているそうです。

 

では実際どのような食品に含まれているのか。

今回はポリフェノールを含む食品をランキング形式でまとめました。

 

ポリフェノールが含まれる食品は?

実はポリフェノールは果物や野菜の中には必ず含まれていることをご存知でしょうか?

一言で「ポリフェノール」と言っても、ポリフェノールには多くの種類があります。

それぞれに含まれる量には違いがありますが、その植物の色が濃いものや皮の部分に多く含まれています。

そのためポリフェノールは色素と覚えている方も多いです。

 

ポリフェノールが豊富な果物ランキング

1.ブルーベリー

果物の中ではブルーベリーが1位となりました。

ブルーベリーの鮮やかな青色の色素がアントシアニンというポリフェノールです。

このアントシアニンには動脈硬化や疲れ目を改善する効果が期待できます。

 

2.すもも

すももは、タンニンとクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

これには風邪の予防や、糖の吸収を抑えて脂肪の蓄積を抑える働きがあり、クロロゲン酸はよくコーヒーの中にも豊富に含まれているそうです。

 

3.いちご

いちごにはエラグ酸が多く含まれています。

ガンを予防する働きや美白効果なども期待できるため、化粧品などにも多く用いられています。

 

4.ぶどう

ぶどうの紫色の色素はブルーベリーと同じアントシアニンです。

ワインの原料なので意外と知っている方も多いのではないでしょうか。

やはり皮に成分が豊富に含まれているので、皮のまま食べることがおすすめです。

 

 

ポリフェノールが豊富な飲み物ランキング

1.ワイン

ぶどうを原料としているため、アントシアニンが豊富に含まれています。

さらに、ワインにはぶどうの皮や種が丸ごと使われているので、その分ポリフェノールがギュッと濃縮されています。

 

2.コーヒー

コーヒーにはクロロゲン酸とタンニンが含まれています。

コーヒー特有の苦味と色はクロロゲン酸からくるもので、脂肪の蓄積を防ぐ働きや、血糖値の上昇を抑える働きを持っています。

 

3.緑茶

緑茶にはカテキンというポリフェノールが含まれています。

効果は脂肪燃焼や抗菌作用、その他にも食後に緑茶を飲むと血糖値の上昇を抑える働きがあります。

今は各メーカが、健康志向を打ち出した様々な種類の緑茶をうちだしています。

 

4.紅茶

紅茶にはタンニンという強い苦味をもつポリフェノールが含まれています。

抗菌作用のほかに、血液中のコレステロールの上昇を抑えて、動脈硬化を予防する働きを持っています。

 

 

その他にも大豆製品やカカオ豆が使ってあるチョコレートにもポリフェノールが含まれています。

高血圧等の予防だけではなく、睡眠不足やストレスが原因の肌荒れやニキビを抑える効果もあるそうです。

また熱に強い性質を持つため、調理の熱で壊れてしまう心配はなく、煮たり焼いたりしても成分を取り入れることができます。

 

ぜひ身近な食べ物から積極的に取り入れてみてくださいね!

 

クリクラお試し