体の内側から紫外線対策を

皆さまこんにちは!

最近、陽射しの強い日が多くなってきましたね。

夏に強くなる紫外線は、当たり過ぎるとお肌や髪にダメージを与えてしまいます。

外側からのダメージ対策として日焼け止めやトリートメントなどがありますが、今回は、体の内側からのケアをご紹介したいと思います。

気になるものがありましたら是非お試しください。夏の陽射しに負けない美肌・ツヤ髪を目指しましょう☆

 

紫外線によるダメージとは?

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光を指します。

降り注ぐ紫外線量は、一年通して同じではありません。

特に5月から9月頃までは紫外線量が多い日が続きます。

体の表面にある肌と髪は紫外線に当たる面積が特に大きいため、次のようなダメージの影響がみられやすくなっています。

 

・シワ、たるみなどの老化

・シミやそばかす

・一度に多量の紫外線を浴びたことによる痛みやかゆみ

 

・切れ毛や枝毛の原因

・ツヤがなくなる

・髪色が脱色しやすくなる

・乾燥により、かゆみやふけなどの頭皮トラブルが起こる

 

美肌、ツヤ髪を保つためにとっておきたい栄養素とは?

<タンパク質>

肉類、魚類、卵、大豆、牛乳

肌や髪のほとんどはタンパク質から出来ています。これが不足すると枝毛や切れ毛、薄毛の原因になり髪質が不安定となります。しっかりと食事からとることで、いい肌や髪がつくれます。

 

<ビタミンE

アーモンド、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ、アーモンド、玄米

毛細血管を広げ、肌や髪への栄養の運搬がスムーズになります。

 

<ビタミンC

パプリカ、ブロッコリー

ビタミンEの吸収をupさせます。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

 

<亜鉛>

玄米ごはん、納豆、牛肉、うなぎ、カニ

亜鉛はタンパク質が髪に変わるのを助ける栄養素で、不足するとタンパク質を十分にとったとしても効果がありません。

 

日焼けを促進させる「ソラレン」とは?

柑橘類には「ソラレン」という光毒性の成分が含まれています。

ソラレンには紫外線の吸収をよくする効果があります。

多く含む食品の例として、レモンなどの柑橘類やキウイフルーツ、きゅうりなどがあります。

そのため「今日は長時間外にいることになる日だな」と思う日には柑橘類はあまり食べないようにしましょう。

 

ソラレンを含む食べ物を挙げましたが、これらの中にはビタミンCなどを多く含む夏が旬の果物や野菜などもあります。

これらはソラレンの影響を受けない時間帯に食べる工夫をするとよいでしょう。

ソラレンの影響とは摂取してから2時間ほどでピークを迎えます。

紫外線の多い時間帯に外出する際は、2時間前での摂取を控え、

紫外線の影響を受けない夕方以降に摂取することをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか。

紫外線対策といえば、日焼け止めなどの外側からのケアがイメージされがちですが、

食べ物によっては体の内側からの対策になることもあります。

今年の夏は日頃の食生活を工夫して紫外線に負けない美肌・ツヤ髪を目指しましょう!

 

クリクラお試し